文字とコンピュータ その3

フォントとグリフ

 文字の骨組みとなる形を字体と呼びます。この字体に一定のスタイルでデザインを施したものを書体と呼びます。また、類似の概念として字形があります。字形はJISの定義によると、「字体を、手書き、印字、画面表示などによって実際に図形として表現したもの」となります。

印刷やコンピュータ上で用いられる書体を、通常、フォントと呼びます。また、個々の字形をグリフ(Glyph)と呼びます。

フォントの分類

幅による分類

個々の文字の幅が均一なフォントを等幅フォント(Non-Proportional Font)と呼び、個々の文字の幅が均一でないフォントをプロポーショナルフォント(Proportional Font)と呼びます。

形による分類

文字のストロークの端に置かれる飾りの要素をセリフ (serif)と呼びます。このセリフを持つフォントをセリフと呼び、セリフを持たないフォントをサンセリフ(sans-serif)と呼びます。

日本語のフォントで、セリフに対応するフォントは明朝体、サンセリフに対応するものはゴシック体と呼ばれます。

フォントのデータ形式

コンピュータで使用されるフォントは、コンピュータ内部でどのような形式で表現されるかにより、ビットマップフォントとアウトラインフォントに分けられます。

ビットマップフォント

 ビットマップフォント(bitmap font)は、文字の形状をドットの集まりとして記録するフォントです。

ビットマップフォントの利点として、データが単純であり、表示が早いことが挙げられます。逆に、欠点としては、大きく表示する場合、ジャギー(ギザギザ)が目立つと同時にデータ量が大きくなることが挙げられます。

アウトラインフォント

アウトラインフォント(outline font)は、字形の輪郭(アウトライン)の曲線の情報をコンピュータ内に記録しておき、フォントを使用する際にこの曲線情報をビットマップに変換し、表示します。この曲線情報をビットマップに変換することを、ラスタライズ(rasterisation)レンダリング (rendering)と呼びます。

アウトラインフォントの長所として、どの解像度でも綺麗に表示できることが挙げられます。逆に、短所としては、使用する度に曲線情報をビットマップに変換しなければならないため、表示が遅くなることが挙げられます。

アウトラインフォントの代表的な種類としては以下の3つが挙げられます。

PostScriptフォント
Adobeが開発
TrueTypeフォント
AppleとMicrosoftが開発
OpenTypeフォント
AdobeとMicrosoftが開発し、後にAppleも加わる

グリフ

文字コードとフォントを指定してからグリフが表示される手順は次のようになります。

  1. まず、文字コードとフォントを指定します。(上の例の場合は、文字コードがShift-JISのEA72で、フォントはマッキントッシュ上のヒラギノ角ゴProW3です。)
  2. 次に、使用しているコンピュータ内部のCMaps上で文字コードとフォントの指定に対応するグリフを探します
  3. グリフID番号60013が選ばれ、そのアウトラインデータを取り出します。(グリフID番号は使用しているコンピュータの状況により異なります)
  4. アウトラインデータをラスタライズし、当該のグリフが表示されます。

下の例のように、連続する複数の文字コードが1つのグリフとして表示される場合があります。これを合字またはリガチャ(Ligature)と呼びます。