2012年度実績

クリックすると詳細がご覧いただけます。

年度別一覧はこちら

2012年度実績の最新情報

ネット講演会「金融市場の仕組みと最近の動向」

(この講座の開催日程はこちらから)

 ネット講演会「金融市場の仕組みと最近の動向」が、2月12日に
開催されました。飯島 裕胤氏(弘前大学 人文学部 教授)が
講師を務め、28名の方に受講していただきました。講演内容は
主に①バブルはなぜ起きるのか、②日本の国債は大丈夫か、と
いうことを解説したものでした。

〈講座の様子〉
(八戸会場)

 

 

 

 

 

(弘前会場)

プチ・ゼミナール「子どもの育ちを考える」⑦

(この講座の開催日程はこちらから)

第7回目が、12月12日に開催されました。
深作 拓郎氏(生涯学習教育研究センター 講師)が
コーディネーターを務め、12名の方に
受講していただきました。

〈講座の様子〉

託児付育児支援連続講座「子どもの育ちと親の育ち」④

(この講座の開催日程はこちらから)

第4回目が、11月30日に開催されました。
「コミュニケーションで心ほぐし~関係性と自己覚知」という
テーマで行われ、増田 貴人氏(教育学部 准教授)が
講師を務め、19名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

 

 

託児付育児支援連続講座「子どもの育ちと親の育ち」③

(この講座の日程はこちらから)

第3回目が、11月16日に開催されました。
「よくありがちな子どもの体調不良とその対応」というテーマで
行われ、古川 照美氏(保健学研究科 准教授)が講師を
務め、16名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

〈託児の様子〉

講演会「健康的な生活習慣を追求するために」

講演会「健康的な生活習慣を追求するために」が、12月20日に
五戸町で開催されました。野田 美保子氏(大学院保健学研究科 
教授)が講師を務め、38名の方に受講していただきました。

 

公開講座「アメリカ・アジア・日本を結ぶ」③

(この講座の開催日程はこちらから)

第3回目が、12月15日に開催されました。
「アメリカ開拓者精神の日本への移植‐クラーク博士に
学ぶ‐」というテーマで行われ、藤田 昇治(生涯学習
教育研究センター 准教授)が講師を務め、
10名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

公開講座「アメリカ・アジア・日本を結ぶ」②

(この講座の開催日程はこちらから)

第2回目が、12月8日に開催されました。
「ブラジルの梅雨とアジアの梅雨」というテーマで行われ、
児玉 安正氏(大学院理工学研究科 准教授)が
講師を務め、9名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

公開講座「アメリカ・アジア・日本を結ぶ」①

(この講座の開催日程はこちらから)

第1回目が、12月1日に開催されました。
「アメリカの農業・農民問題(その2)」というテーマで行われ、
ビクター・リー・カーペンター氏(人文学部 教授)が
講師を務め、11名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

公開講座「青森の現代と生涯学習」④

(この講座の開催日程はこちらから)

第4回目が、11月30日に開催されました。
「どこまでわかった?生物の行動の意味‐バッタ研究
は青森県のお家芸‐」というテーマで行われ、
鶴井 香織氏(男女共同参画推進室 特任助教)が
講師を務めました。

公開講座「青森の現代と生涯学習」③

(この講座の開催日程はこちらから)

第3回目が、11月16日に開催されました。
「原子力のイメージと社会の受けとめ方」というテーマで行われ、
日比野 愛子氏(人文学部 講師)が講演を担当し、
6名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

子どもの育ちを考えるプチ・ゼミナール⑥

(この講座の開催日程はこちらから)

第6回目が、11月14日(水)18:30~20:30に開催されました。
当センター講師 深作 拓郎氏がコーディネーターを務め、
13名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉 
 

 

 

 

 

 

 

託児付育児支援連続講座「子どもの育ちと親の育ち」②

(この講座の開催日程はこちらから)

託児付育児支援連続講座「子どもの育ちと親の育ち」が、
11月9日(金)10:00~12:00に開催されました。
第2回目は、教育学部 准教授 上野 秀人氏が講師を務め、
「育児中にできる身体を動かすリラクゼーション」というテーマで
講演を行い、19名の方に受講していただきました。

託児付育児支援連続講座「子どもの育ちと親の育ち」①

(この講座の開催日程はこちらから)

「親・子が育つ育児環境:ニュージーランドのスロー保育を手がかりに」が、
11月2日(金)10:00~12:00に開催されました。
教育学部 講師 飯野 祐樹氏が講師を務め、22名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉
 

 

 

 

 

 

〈託児の様子〉

 

 

 

 

 

つがる市公開講座「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」④

(この講座の開催日程はこちらから)

「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」が、
つがる市生涯学習交流センター「松の館」にて
10月27日(土)13:00~15:00に開催されました。
第4回目はみちのく北方漁船博物館学芸員 石山 晃子氏が講師を務め、
「津軽の民間信仰」というテーマで講演を行い、
14名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

弘前大学総合文化祭事業

(この講座の開催日程はこちらから)

「集い、ともに歌おう!-『団塊世代』の『歌声』運動の足跡をたどる-」が、
当センター多目的室にて、10月28日(日)10:00~12:00に開催されました。
21名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉
 

 

 

 

 

 

大間町講演会「健康と運動について理解を深めよう」②

(この講座の開催日程はこちらから)

「脳卒中のリハビリテーション」が、北通り総合文化センター「ウイング」にて
10月19日(金)18:30~20:00に開催されました。
保健学研究科 准教授 高見 彰淑氏が講師を務め、
24名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

つがる市公開講座「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」③

(この講座の開催日程はこちらから)

「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」が、
つがる市生涯学習交流センター「松の館」にて
10月20日(土)13:00~15:00に開催されました。
第3回目は人文学部 教授 山田 嚴子氏が講師を務め、
「青森県の民俗」というテーマで講演を行い、
17名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

中泊町 託児付「子育ち・子育て井戸端会議」②

(この講座の開催日程はこちらから)

「子育ち・子育て井戸端会議」が、小泊地域子育て支援センターにて
10月17日(水)10:00~11:30に開催されました。
当センター講師 深作 拓郎氏が講師を務め、
16名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉
                 

           

 

連続ネット講演会「明日の教育を考える」②

(この講座の開催日程はこちらから)

第2回目の連続ネット講演会「明日の教育を考える」が、
当センター多目的室 及び 弘前大学八戸サテライトにて
10月16日(火)18:30~20:00に開催されました。
教育学部 准教授 高橋 俊哉氏が講師を務め、
「中学校における武道の必修化を考える」というテーマで講演を行い、
19名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉
(弘前会場)

                                      (八戸会場)

つがる市公開講座「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」②

(この講座の開催日程はこちらから)

「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」が、
つがる市生涯学習交流センター「松の館」にて
10月13日(土)13:00~15:00に開催されました。
第2回目は地域社会研究科 教授 佐々木 純一郎氏が講師を務め、
「地域経済(地域おこし)を考える」というテーマで講演を行い、
14名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

子どもの育ちを考えるプチ・ゼミナール⑤

(この講座の開催日程はこちらから)

第5回目が、10月10日(水)18:30~20:30に開催されました。
当センター講師 深作 拓郎氏がコーディネーターを務め、
11名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉
 

 

連続ネット講演会「明日の教育を考える」①

(この講座の開催日程はこちらから)

連続ネット講演会「明日の教育を考える」が、
当センター多目的室 及び 弘前大学八戸サテライト(八戸商工会館1階)にて
10月9日(火)18:30~20:00に開催されました。
第1回目は教育学部 准教授 平田 淳氏が講師を務め、
「開かれた学校づくりをめざす-学校支援ボランティアの活動に注目して-」
というテーマで講演を行い、24名の方に受講していただきました。

つがる市公開講座「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」①

(この講座の開催日程はこちらから)

「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」が、
つがる市生涯学習交流センター「松の館」にて
10月6日(土)13:00~15:00に開催されました。
第1回目は人文学部 教授 関根 達人氏が講師を務め、
「縄文遺跡の活用を考える」というテーマで講演を行い、
17名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

中泊町 託児付「子育ち・子育て井戸端会議」①

(この講座の開催日程はこちらから)

「子育ち・子育て井戸端会議」が、中里地域子育て支援センターにて
10月3日(水)13:30~15:30に開催されました。
当センター講師 深作 拓郎氏が講師を務め、
16名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉
 

 

 

 

 

                

           

 

鶴田町公開講座「健康について学び、できることから取り組もう」

(この講座の開催日程はこちらから)

公開講座「健康について学び、できることから取り組もう」が、
鶴田町公民館にて9月29日(土)に開催されました。
保健学研究科 教授 野田 美保子氏が、
「日常生活を活性化させるために身につけておきたい知識と技能」、
被ばく医療総合研究所 教授 床次 眞司氏が、
「放射線被ばくと健康問題」というテーマで講演されました。
28名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉 

弘前大学生涯学習講演会「津軽の民話と風土-西目屋の山の暮らしから-」

(この講座の開催日程はこちらから)

「津軽の民話と風土-西目屋の山の暮らしから-」が、
9月17日(月)13:00~21:30に開催されました。
東京学芸大学 教授 石井正己氏、西目屋出身の語り手 成田キヌヨ氏、
青森県民俗の会・青森県史編さん専門委員 佐々木達司氏が
講師を務め、61名の方に受講していただきました。

子どもの育ちを考えるプチ・ゼミナール④

(この講座の開催日程はこちらから)

第4回目が、9月12日(水)18:30~20:30に開催されました。
当センター講師 深作 拓郎氏がコーディネーターを務め、
13名の方に受講していただきました。
〈講座の様子〉

  

 

 

 

 

  

 

 

大間町講演会「健康と運動について理解を深めよう」①

(この講座の開催日程はこちらから)

「脳卒中と認知症を知る」が、北通り総合文化センター「ウイング」にて
9月5日(水)18:30~20:00に開催されました。
医学研究科 教授 若林 孝一氏が講師を務め、予想を上回る30名以上
の方に受講していただきました。

 

 

 

 

 

 

託児付「子どもに関わるオトナの井戸端会議」④

第4回目が、9月6日(木)10:00~12:00に開催されました。
コーディネーターを務めたのは、子どもの育ちを考えるプチ・ゼミ修了生で、
地域で子どもや子育てに関する活動をされている、境 江利子さんと小山内
祥代さんです。
4回目の受講者は13名でした。

〈講座の様子〉

 

 

 

 

 

 
             〈託児の様子〉
       

           

 

むつ市講演会「青森の国際化を考える」③

(この講座の開催日程はこちらから)

「弘前大学の新しい英語教育について」、「外国人留学生の生活について」が、
下北文化会館 視聴覚室にて8月2日(木)18:30~20:30に開催されました。
国際交流センター 准教授 小山宣子氏と国際交流センター 准教授 バーマン ジョイ シャーリー氏が講師を務め、21名の方に受講していただきました。

 

 

 

 

 

 

むつ市講演会「青森の国際化を考える」②

(この講座の開催日程はこちらから)

「中国産食品の輸入と日本」が、下北文化会館 視聴覚室にて
7月27日(金)18:30~20:30に開催されました。
農学生命科学部 准教授 石塚 哉史氏が
講師を務め、14名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

 

 

 

 

 

 

託児付「子どもに関わるオトナの井戸端会議」③

第3回目が、8月9日(木)10:00~12:00に開催されました。
コーディネーターを務めたのは、子どもの育ちを考えるプチ・ゼミ修了生で、
地域で子どもや子育てに関する活動をされている、境 江利子さんです。
2回目の受講者は8名でした。
「言葉がけ」の子ども時代の快・不快を思いだしながら、議論を交わし、
これから子供や家族への言葉がけについて考えを深めました。

〈講座の様子〉

 

 

 

 

 

 

            

 

子どもの育ちを考えるプチ・ゼミナール③

(この講座の開催日程はこちらから)

第3回目が、8月8日(水)18:30~20:30に開催されました。
当センター講師 深作 拓郎氏がコーディネーターを務め、
13名の方に受講していただきました。
この日は、河原で集団であそぶ中学生たちへの見守り、
寄り添い方を中心に意見交換をかわしました。
〈講座の様子〉

 

  

 

 

 

 

 

 

 

子どもの育ちを考えるプチ・ゼミナール②

(この講座の開催日程はこちらから)

第2回目が、7月11日(水)18:30~20:30に開催されました。
当センター講師 深作 拓郎氏がコーディネーターを務め、
14名の方に受講していただきました。
この日は、子どもと大人の生活環境が話題となり、「自由自在」が
キーワードとなりました。

〈講座の様子〉

  

 

 

 

 

 

 

 

子どもの育ちを考えるプチ・ゼミナール①

(この講座の開催日程はこちらから)

第1回目が、6月13日(水)18:30~20:30に開催されました。
当センター講師 深作 拓郎氏がコーディネーターを務め、
17名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

  

 

 

 

 

 

 

 

 

むつ市講演会「青森の国際化を考える」①

(この講座の開催日程はこちらから)

「医療・看護・福祉と方言」が、下北文化会館 視聴覚室にて
6月8日(金)18:30~20:30に開催されました。
弘前学院大学文学部 准教授 今村かほる氏が
講師を務め、42名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

 

 

 

 

 

 

 

託児付「子どもに関わるオトナの井戸端会議」②

第2回目が、7月5日(木)10:00~12:00に開催されました。
コーディネーターを務めたのは、子どもの育ちを考えるプチ・ゼミ修了生で、
地域で子どもや子育てに関する活動をされている、小山内 祥代さんと
境 江利子さんです。
2回目の受講者は15名でした。

〈講座の様子〉

 

 

 

 

 

 

             〈託児の様子〉

 

託児付「子どもに関わるオトナの井戸端会議」①

第1回目が、6月7日(水)10:00~12:00に開催されました。
コーディネーターを務めたのは、子どもの育ちを考えるプチ・ゼミ修了生で、
地域で子どもや子育てに関する活動をされている、小山内 祥代さんと
境 江利子さんです。
1回目の受講者は14名でした。

〈講座の様子〉

 

 

 

 

 

 

             〈託児の様子〉 

生涯学習講座「あなたの英語力を高めよう」②

(この講座の開催日程はこちらから)

~「アメリカの政治状況について学ぶ」~が、
6月13日(水)18:30~20:00に開催されました。
人文学部 教授 ビクター・リー・カーペンター氏が
講師を務め、9名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

 

 

 

生涯学習講座「あなたの英語力を高めよう」①

(この講座の開催日程はこちらから)

~「イスラムの社会について学ぶ」~が、6月6日(水)18:30~20:00に開催されました。
人文学部 教授 ジョン・エドワード・フィリップス氏が講師を務め、10名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉