開催実績

今までの実績を閲覧できます!

今まで開催された公開講座・講演会・イベントの一覧です。
写真つきで解説しておりますので、ご興味がある方、参加される予定の方など、どうぞご覧ください。

開催日程一覧はこちらをご覧ください。

年度別でご確認いただけます

開催実績の最新情報

弘前大学総合文化祭事業

(この講座の開催日程はこちらから)

「集い、ともに歌おう!-『団塊世代』の『歌声』運動の足跡をたどる-」が、
当センター多目的室にて、10月28日(日)10:00~12:00に開催されました。
21名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉
 

 

 

 

 

 

大間町講演会「健康と運動について理解を深めよう」②

(この講座の開催日程はこちらから)

「脳卒中のリハビリテーション」が、北通り総合文化センター「ウイング」にて
10月19日(金)18:30~20:00に開催されました。
保健学研究科 准教授 高見 彰淑氏が講師を務め、
24名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

つがる市公開講座「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」③

(この講座の開催日程はこちらから)

「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」が、
つがる市生涯学習交流センター「松の館」にて
10月20日(土)13:00~15:00に開催されました。
第3回目は人文学部 教授 山田 嚴子氏が講師を務め、
「青森県の民俗」というテーマで講演を行い、
17名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

中泊町 託児付「子育ち・子育て井戸端会議」②

(この講座の開催日程はこちらから)

「子育ち・子育て井戸端会議」が、小泊地域子育て支援センターにて
10月17日(水)10:00~11:30に開催されました。
当センター講師 深作 拓郎氏が講師を務め、
16名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉
                 

           

 

連続ネット講演会「明日の教育を考える」②

(この講座の開催日程はこちらから)

第2回目の連続ネット講演会「明日の教育を考える」が、
当センター多目的室 及び 弘前大学八戸サテライトにて
10月16日(火)18:30~20:00に開催されました。
教育学部 准教授 高橋 俊哉氏が講師を務め、
「中学校における武道の必修化を考える」というテーマで講演を行い、
19名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉
(弘前会場)

                                      (八戸会場)

つがる市公開講座「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」②

(この講座の開催日程はこちらから)

「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」が、
つがる市生涯学習交流センター「松の館」にて
10月13日(土)13:00~15:00に開催されました。
第2回目は地域社会研究科 教授 佐々木 純一郎氏が講師を務め、
「地域経済(地域おこし)を考える」というテーマで講演を行い、
14名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

子どもの育ちを考えるプチ・ゼミナール⑤

(この講座の開催日程はこちらから)

第5回目が、10月10日(水)18:30~20:30に開催されました。
当センター講師 深作 拓郎氏がコーディネーターを務め、
11名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉
 

 

連続ネット講演会「明日の教育を考える」①

(この講座の開催日程はこちらから)

連続ネット講演会「明日の教育を考える」が、
当センター多目的室 及び 弘前大学八戸サテライト(八戸商工会館1階)にて
10月9日(火)18:30~20:00に開催されました。
第1回目は教育学部 准教授 平田 淳氏が講師を務め、
「開かれた学校づくりをめざす-学校支援ボランティアの活動に注目して-」
というテーマで講演を行い、24名の方に受講していただきました。

つがる市公開講座「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」①

(この講座の開催日程はこちらから)

「地域の歴史・民俗を学び、未来の地域づくりを考える」が、
つがる市生涯学習交流センター「松の館」にて
10月6日(土)13:00~15:00に開催されました。
第1回目は人文学部 教授 関根 達人氏が講師を務め、
「縄文遺跡の活用を考える」というテーマで講演を行い、
17名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉

中泊町 託児付「子育ち・子育て井戸端会議」①

(この講座の開催日程はこちらから)

「子育ち・子育て井戸端会議」が、中里地域子育て支援センターにて
10月3日(水)13:30~15:30に開催されました。
当センター講師 深作 拓郎氏が講師を務め、
16名の方に受講していただきました。

〈講座の様子〉