開催実績

今までの実績を閲覧できます!

今まで開催された公開講座・講演会・イベントの一覧です。
写真つきで解説しておりますので、ご興味がある方、参加される予定の方など、どうぞご覧ください。

開催日程一覧はこちらをご覧ください。

年度別でご確認いただけます

開催実績の最新情報

高校生のための学習講座 第1回目を開催しました。

 平成27年6月5日(金)17:30~19:00、弘前大学総合教育棟309教室において、高校生のための学習講座は、「『学ぶことのおもしろさ』をともに体験しよう」の演題で、NPO法人「R.ぷらっと」理事の中澤俔志氏を講師として行われました。
 「学ぶ」ということは、学校での与えられる「学び」と自宅での見つけ出す「学び」などがあるが、全てを楽しく学んでもらいたい。このように学ぶためには、自分で考えて行動し、どんなことにも関心を持つこと、誰かに伝えるよう努力をしてみること、緊張感の中にも楽しみながら行ってみることなどを説明してくださいました。
 また、数式などを活用し、誕生日や電話番号を当てるゲームを体験し、数学のおもしろさを実践的に教えていただきました。

「トークと歌で迎えよう初夏、そして新たな出会いを求めて」を開催しました。

 平成27年5月30日(土)13:30~15:00、弘前大学生涯学習教育研究センター多目的室にて、「トークと歌で迎えよう初夏、そして新たな出会いを求めて」のイベントが開催されました。
 今回のイベントには、21名の方々が参加されました。
 藤田昇治先生のトークの後に、1曲ずつピアノ伴奏に合わせて、皆さんで歌い上げました。
 参加者の方からは、「毎回参加していて、楽しかったから」、「3月末で退職し、好きだった歌にまた触れたいと思ったから」、「皆さんと一緒に歌うことが楽しいと思ったので参加しました。期待どおり楽しかったです。」等の声をいただきました。

「社会教育関係職員ゼミナールM&D」第1回目を開講しました。

 平成27年5月27日(水)15:00~17:00、弘前大学生涯学習教育研究センター多目的室にて、「社会教育関係職員ゼミナールM&D」の第1回目が、弘前大学名誉教授の佐藤三三氏により、第1部ゼミナール(Meeting)が「『市民参加」「地域参加」を社会教育の観点から考え直そう」を演題に行われました。
 今回は、教育委員会や社会教育施設等に勤務されている方々が3名参加され、社会教育の観点から「市民参加」「地域参加」について佐藤先生からお話を聞くことができました。第2部の交流会(Drinking)は、会場を移し、佐藤氏、本センターの深作氏、COC推進室の野口氏とともに談話を行いました。

「トークと歌で迎えよう春、別れと出会いの季節!!」開催!

 平成27年3月7日(土)13:30~15:00、弘前大学生涯学習教育研究センター多目的室にて、「トークと歌で迎えよう春、別れと出会いの季節!!」のイベントが開催されました。
 今回のイベントには、25名の方々が参加されました。
 藤田昇治先生のトークの後、1曲ずつピアノ伴奏に合わせて、皆さんで歌い上げました。
 今回は、春にちなんだ「早春賦」、「さくらさくら」等の唱歌の他、「贈る言葉」、「なごり雪」、「すみれの花咲く頃」等を曲目に選びました。そして、全20曲の中で「野ばら」と「ふるさと」では、フルート伴奏で歌い、「蛍の光」では参加者も加わって、ハンドベルを奏でました。
 参加者の方からは、「曲目が素晴らしい組み合わせなので、参加させて頂きました。」、「自分にとって若き日を思い出させてくれる場であり、藤田先生の話も聞きたかったので参加しました。」、「懐かしい歌をみんなで歌いたかった。」、「楽しい時をありがとうございました。ベルを持つという初めての体験に感謝!!」等の声をいただきました。

鶴田町講演会“健康な生活をめざして”

 平成27年2月21日(土)13:00~16:30、鶴田町公民館にて、鶴田町講演会“健康な生活をめざして”を開催しました。2つの演題の基に、生活習慣病の予防や健康保持・増進という視点から手軽にできる運動を実際に体験するとともに、今後一段と進む地球温暖化が地域農業に与える影響・可能性について学ぶ講座として開催され、15名の方々が参加されました。
 前半は、「健康保持のため手軽にできる運動に挑戦しよう!」を演題に、弘前大学教育学部長、教授の戸塚学先生が講演されました。参加者からは、「手軽にできる運動は、これから必要となるので役立てたいと思いました」等の声をいただきました。
 また、後半は、「地球温暖化と青森県農業」を演題に、弘前大学農学生命科学部附属生物共生教育研究センター准教授の伊藤大雄先生が講演され、参加者からは、「地域に密着した情報を知りたい。本講座は両方共、それを満たしてくれる部分がある」、「環境に害を与えることは、結局は人間に害がくると思うので、自然を大切にすることをテーマとした講座を希望します」等の声をいただきました。
 青森県の「短命県返上」の目標にむかって、ひとりひとりが健康な生活をめざしていきましょう。

七戸町講演会 第2回「協働による福祉のまちづくり」

 平成27年2月10日(火)13:30~15:30、七戸町柏葉館にて、七戸町講演会“住民の生活を支える活動を目指して”の第2回目が「協働による福祉のまちづくり」の演題にて、弘前大学生涯学習教育研究センター准教授の藤田昇治先生を講師として行われました。
 民生委員や福祉関係者の37名の方が参加され、協働による福祉での町づくりについて理解を深めました。
 今回は、「ユマニチュード」という認知症の人に接するためのケアを取り上げました。これは、体育学を専攻する二人のフランス人、Yves Gineste (イブ・ジネスト)とRosette Marescotti (ロゼット・マレスコッティ)によって作り上げられた35年の歴史を持つ、知覚・感情・言語による包括的なコミュニケーションに基づいたケア技法です。
 参加者の方からは、「ユマニチュードは、認知症の人でなくても、この方法で人と接することは、大切だと思っています。私自身もケアする時、ユマニチュードと似たような方法で向き合っています。相手の表情も変わってくることも経験しています。」、「みつめる、話しかける、ねたきりにしない、やわらかくさわることが人間にとって大切であると判りました。本当にびっくりしました。」等の声をいただきました。

「トークと歌で迎えよう、クリスマスとお正月!!」開催!

 平成26年12月20日(土)13:30~15:00、弘前大学生涯学習教育研究センター多目的室にて、「トークと歌で迎えよう、クリスマスとお正月!!」のイベントが開催されました。
 今回は、弘前大学総合文化祭のイベントに来られた方々も多く見えられ、28名の方々が参加されました。
 藤田昇治先生のトークの後、1曲ずつピアノ伴奏に合わせて、皆さんと15曲を歌い上げました。また、「きよしこの夜」を歌う時には、参加者の方にハンドベルを奏でてもらう一幕もあり、大変好評をいただきました。
 参加者の方からは、「良かった!!」、「気持ちを明るく、豊かに新年を迎えたい。前に参加してとても楽しかったので今回も参加しました。」、「知ってる歌を出来るだけ皆と一緒に歌いたいと思い参加しました。」等の声をいただきました。

第3回弘前市公民館関係職員研修会開催

 平成26年12月18日(木)14:00~16:00に、弘前市立和徳公民館にて、「第3回弘前市公民館関係職員研修会」が、弘前大学生涯学習教育研究センター准教授の藤田昇治先生を講師として行われ、33名の方が参加されました。
 前半は、和徳公民館の少年教育指導員の藤田史枝さんの事例発表:子ども会「国際交流と夏祭り」の発表が行われました。
 その後、本センター准教授の藤田昇治先生のワークショップに入り、事例発表の成果、課題が話し合われ、グループ毎にまとめられたことを元に発表が行われました。
 参加者の方からは、「子どもの実行委員という取組が良かった。」、「国際交流はとてもいい事業だと思う。勉強になりました。」、「問題点や解決策など、情報交換ができて良かった。」等の声をいただきました。
 また、今後は青年教育事業、住民参加型講座、高齢者への社会教育について、詳しく取り上げる研修会としていただきたいとの意見がありました。

企業・行政・NPO法人で働く人の学習講座開催!(④11/28(金)弘前大学創立50周年記念会館)

 平成26年11月28日(金)18:30~20:00、企業・行政・NPO法人で働く人のための学習講座“これで自分のパワーアップをめざそう”は、弘前大学創立50周年記念会館で、「より充実した生活のための社会参加のすすめ」の演題にて、弘前大学生涯学習教育研究センター准教授の藤田昇治先生を講師として行われ、7名が参加されました。
 この講座の中では、パソコンやメールの普及などに伴う会社の中でのコニュニケーション不足等を取り上げ、中間管理職が若手人材育成を率先して行うことがより大切ではないか、また地域の中では、政治不信、競争社会や終身雇用制度の崩壊により、個人が「夢」を探求することができない世の中ではあるが、自己の所属する「社会」での居場所の確保、ワーク・ライフ・バランスの見直しによる「社会参加」が必要であり、ボランティア活動、NPO活動にも積極的にもかかわっていくべきであると話されました。
 参加者の方からは、「企業や個人が社会の為に、どう関わり合っていくのかを知りたいと思いました。」、「あと一年で定年を迎えます。その後、社会(地域)のために何かしたいと思い参加しました。」などの意見をいただきました。

企業・行政・NPO法人で働く人の学習講座開催!(③11/21(金)弘前大学創立50周年記念会館)

 平成26年11月21日(金)18:30~20:00、企業・行政・NPO法人で働く人のための学習講座“これで自分のパワーアップをめざそう”は、弘前大学創立50周年記念会館で、「地球温暖化と異常気象」の演題にて、弘前大学理工学部教授の児玉安正先生を講師として行われ、公務員や会社員などの7名が参加されました。
 この講座の中では、「大気の温室効果」について、温室効果気体には、水蒸気、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素などがあり、大気の微量成分ではあるが、人間活動の影響で濃度が大きく変わることがあるため、危機管理が必要であることについて話されました。
 参加者の方からは、「知っているようで、知らないテーマだった。」、「自然保護、環境保全に関心があり、これからの地球、気象等を考えていく上で、受講しました。」、「異常気象による農作物の不安定化は、当社の事業にも打撃です。天候を踏まえた考え方を知りたいと思いました。」などの意見をいただきました。