こうぎょくカレッジ

「りんご王国こうぎょくカレッジ」は、FMアップルウェーブ(78.8MHz)で放送されている番組です。
 毎回、メインパーソナリティの庄司氏と弘前大学の教員が対談する形式で進行し、研究活動などについて紹介しています。日常生活に密着した内容もあれば、専門的なテーマを扱うこともあり、また、社会・医療・科学・芸術…と、分野も多岐にわたります。
 2週続けて同じ内容を放送(再放送)するので、もし聞き逃しても安心です。

弘前大学が地域貢献の一環として提供する「りんご王国こうぎょくカレッジ」、是非お聴き下さい!

また、FMアップルウェーブが「りんご王国こうぎょくカレッジ」(音楽を除いた部分)の使用にご協力くださることとなり、本センターホームページ上にて、2008年5月より、一部の音源公開を予定しております。

「りんご王国こうぎょくカレッジ」の公開音源につきましては、現在お使いのパソコンのOSがWindows7以上、インターネットブラウザがGoogle ChromeまたはMicrosoft Internet Explorerで視聴可能となっております。Mozilla Firefoxに関しては正常に作動しない場合があります。予めご了承下さい。

年度別でご確認いただけます

こうぎょくカレッジの最新情報

「お薦めする英語の本」 ★音源公開中★

5月26日(6月2日午後7時再放送)
小野寺 進先生(弘前大学人文学部コミュニケ-ション講座)
野呂 幸子さん(アシスタント)
英語に親しむ方法の一つが、良い英語の本を読むことです。難しいなと思うことはありません。日本語訳が出ているものを英語で読むということだって良いのです。今回お薦めする本は、英語の表現が小難しくない、しかも内容が心にしみ込む、本としても良い出来の物ばかりです。英語ならではの表現などに注目して挑戦してみましょう。

5月26日放送りんご王国こうぎょくカレッジ音声データはこちらから

「レーザーを使った応用技術、最近の研究内容について~そもそもレーザーとは?光を使って何ができるのか?~」

5月12日(5月19日午後7時再放送)
花田 修賢(弘前大学大学院理工学研究科)
小山 朋華(アシスタント)
単位は小さくなる方にミリ、マイクロ、ナノ・・・と続きます。が、今日は単位のお話ではありません。ナノよりも更に短い時間単位で点滅するレーザー光の紹介です。レーザーはあざを消したり距離を測ったりと、いろいろな分野で利用されています。そのレーザー光をずっと点けているのではなく、感じることができないくらい短い時間で点滅させるのはなぜでしょう。お聴きください。

「ニュージーランドの子育て」

4月28日(5月5日午後7時再放送)
飯野 祐樹(弘前大学教育学部家政教育講座【保育学】)
藤田 也実(アシスタント)
子どもが生まれると、さっそく幼稚園に行かせるか保育所に預けるか、と悩むことになります。両親が働く以上子どもは保育所に、というのが我が国の定例コースなんですが、どうも違うところもたくさんあるようです。今日は羊が人間より多い国ニュージーランドの目が丸くなる子育て事情をお話しいただきます。

「緩和医療としての放射線治療の重要性について」★音源公開中★

2013年4月14日(4月21日午後7時再放送)
真里谷靖(弘前大学大学院保健学研究科医療生命科学領域
放射線生命科学分野・放射線腫瘍学)
古山優里香さん(弘前医療福祉大学・アシスタント)
がんの治療の中で、わたしたちがまずイメージするのは「手術」と「抗がん剤」です。どちらもとても辛いイメージがありますが、もうひとつの道、放射線治療については、患者になる側としてもよくわからないことだらけです。もちろん、手術や抗がん剤のことなら知っている、というわけでもありませんが・・・今日は緩和治療としての側面から放射線治療がどんなものであるのか解説します。 

4月14日放送りんご王国こうぎょくカレッジ音声データはこちらから

「弘前市の広報紙『広報ひろさき』に、女子大生が毎月企画ページを持っていることの意味は?」★音源公開中★

2013年3月31日(4月7日午後7時再放送)
大浦雅勝先生(弘前大学人文学部)
ひろ♡レポ 青森中央学院大学3年石郷岡歩さん、今井美咲さん、福士実波さん
ひろ♡レポ 弘前大学人文3年相馬すみれさん、教育4年日野口早希さん、
佐藤未佳さん

去年あたりから広報ひろさきが変わりましたね。自治体の広報紙コンテストで1等賞を取っちゃったり。軽く読めるページが増えました。その中でも一番異色なのは女子大生が作るページです。読者層を増やしたいという広報紙側のネライとは別に、女子大生が広報紙を作ることには大学生としての意味があるんでしょうか。もしかしたらただのパンダ?それとも?

3月31日放送りんご王国こうぎょくカレッジ音声データはこちらから

「臨床心理学と臨床心理士の仕事の実際」 ★音源公開中★

2013年3月17日(3月24日午後7時再放送)
田中勝則先生(弘前大学教育学部教育保健講座)
浅田英輔さん(青森県臨床心理士会事務局長)
佐藤亜紀乃さん(アシスタント)

テレビのサスペンス物で「犯罪者のプロファイリング」などという言葉を耳にしたことがあると思います。心理学などを応用したものなんですが、ドラマで活躍する心理学者はなんだかカッコいいですね。現実には臨床心理士という方が犯罪分析だけでなく、もっと広い範囲で活躍していらっしゃいます。

3月17日放送りんご王国こうぎょくカレッジ音声データはこちらから

「まちあるきと社会学の深い関係」 ★音源公開中★

3月3日(3月10日午後7時再放送)
平井 太郎先生(弘前大学大学院地域社会研究科)
坂本 崇さん(弘前観光コンベンション協会)
佐藤 亜紀乃さん(アシスタント)

最近弘前に流行るもの、街コン、イルミ、まちあるき・・・ということで、ずいぶんと弘前の町の中を取り上げる試みがたくさんされるようになりました。平成に入ったころとは様変わりの雰囲気に戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。とはいえ、住んでいるまちをよく知ることは面白いというのも事実です。今回はまちをよく知るお二人から、まち歩きの醍醐味をうかがいます。

3月3日放送りんご王国こうぎょくカレッジ音声データはこちらから

「家族の心が病気になった時」 ★音源公開中★

2月17日(2月24日午後7時再放送)
川添 郁夫先生(弘前大学大学院保健学研究科 健康支援科学領域)
小山朋華さん(アシスタント)
 現代はストレス社会とされています。そのせいか、心の病気になってしまう人が以前より増えた、とも聞きます。もしあなたの家族が心の病気になったとき、どうしたら良いのでしょう。具体的に何をしたらいいのでしょう。今日のお話は、そのような状況になった時にあなたがするべき道しるべを与えてくれるはずです。

2月17日放送りんご王国こうぎょくカレッジ音声データはこちらから

「宇宙の始まりはどんなだったと思いますか?」

2月3日(2月10日午後7時再放送)
仙洞田 雄一先生(弘前大学大学院理工学研究科)
小山朋華さん(アシスタント)
いま私たちが暮らしているこの宇宙は、ビッグバンから始まったと言われています。でも、誰もそれを見た人はいませんよね。何を証拠にそんなことを?と思いませんか。それに、ビッグバンって何でしょう。この宇宙を支配する宇宙帝国、じゃなくて法則にはどんなものがあるのでしょう。今日のお話はふしぎのはじまり、であるのかもしれませんよ。 

 

「白神山地にくらす昆虫たち」 ★音源公開中★

1月20日(1月27日午後7時再放送)
中村 剛之先生(弘前大学白神自然環境研究所)
白石睦弥さん(アシスタント)
世界自然遺産の白神山地は豊かな自然が残されています。もちろん、生物は動物・植物ともにたくさんの種類が暮らしています。今日のお話は、その白神にどんな昆虫がいるのか、そうした昆虫を標本にするのはどんな意味があるのか、ということとともに、ちょっと変わった昆虫たちのエピソードにも触れてみます。

1月20日放送りんご王国こうぎょくカレッジ音声データはこちらから