2017年度日程

クリックすると詳細がご覧いただけます。

年度別一覧はこちら

2017年度日程の最新情報

第3回地域おこし協力隊研修会

研修会
日 程 平成29年12月 1日(金)
第一部 講演・座談会 13:00~14:15
 発表者:石田 万梨奈(元五城目地域おこし協力隊、
            onozucolor 代表、
            福禄寿酒造(株)クリエイティブディレクター)
 発表者:柳澤 龍  (元五城目地域おこし協力隊、
            Akita Age Lab プロジェクトマネージャー)
第二部 ワークショップ 14:30~17:30
◎終了後、交流会
主 催 (主催)弘前大学生涯学習教育研究センター
(後援)弘前大学地域社会研究科・青森県 
会 場 弘前大学創立50周年記念会館2階岩木ホールA・B
対 象 地域おこし協力隊・自治体職員・地域の方・弘前大学教員・学生
参加費 無料
※ 交流会(会費3,000円)
内 容  弘前大学では『「地域志向」大学改革宣言』を掲げ、多様な地域の課題解決に貢献させていただきたいと考えております。特に、青森県内でも導入が進む地域おこし協力隊事業については、「新たな価値」を生み地域にブレークスルーをもたらす存在として注目しているところです。
 そこで、以上のプログラムで,地域おこし協力隊のみなさんやその受入自治体職員、今後、受入を検討している自治体職員のみなさんを対象とした研修・研究会を開催いたします。
問合せ

参加する時間帯(部)と人数を添え、11月24日(金)までに下記までお申し込みください。申込先:(E-mail) of-hirai@nifty.com (TEL) 090-4415-3537(担当:平井)

 

「西北郡・五所川原市・つがる市 民生委員児童委員合同研修会」

研修会
日時 平成29年11月21日(火)
 開会時間:13:30~
      挨拶、事例発表(3名)等
 講演時間:14:20~15:10
 「地域の福祉について~無口な高齢者との接し方を考える~」
主 催 弘前大学生涯学習教育研究センター・つがる市教育委員会
講 師 北嶋 結(弘前大学保健学研究科 助教)
会 場 つがる市生涯学習交流センター「松の館」
(つがる市木造若緑52)
対 象 西北郡・五所川原市・つがる市民生委員・児童委員
受講料 無料
内 容 一人暮らし、地域の連帯感の希薄化、認知症の発症などにより、無口でコミュニケーションが取りづらい高齢者が増えてきている。そのような高齢者とのコミュニケーションの取り方について考える。
問合せ つがる市教育委員会社会教育文化課
TEL:0173-49-1200  FAX:0173-49-1212

弘前市・弘前大学連携事業「放課後の子どもの居場所づくりを考える研修会」

研修会
日 時 ①平成29年11月 2日(木) 10:00~12:00
②平成29年11月16日(木) 10:00~12:00
主 催 弘前大学生涯学習教育研究センター・弘前市
講 師 ①水野 かおり氏(東京都台東区松が谷児童館 館長)
②渡邊 由貴氏(仙台市泉区館児童センター 児童厚生員)
コーディネーター:深作 拓郎氏(弘前大学生涯学習教育研究センター講師)
会 場 弘前市民文化交流館ホール
(弘前市駅前9-20 ヒロロ4階)
対 象 児童館の児童厚生員やなかよし会などの学童保育のスタッフ、放課後子ども教室のスタッフ、希望する一般市民
受講料 無料
定 員 40名
内 容

子ども達にとって、居心地の良い居場所や環境がどのようなものかを学びます。子どもたちの視点に立った放課後の世界や指導員について学び、子どもを取り巻く環境の向上を目指します。

  チラシのダウンロードはこちら
問合せ 弘前市子育て支援課子育て戦略担当
TEL:0172-40-7038 /FAX:0172-39-7003
申込み期限:平成29年10月30日(月) 

駅前こどもの広場託児付支援講座*パパラボ*あそび研究所Vol.2チビタビのすすめ

公開講座
日時 *パパラボ*あそび研究所vol.2チビタビのすすめ
~お父さんとチビ(こども)がチビっとタビをしよう~
①「あそびの生まれる場所‐あそびや対話がうまれる風景を探る」
 平成29年 9月 2日(土) 10:30~12:30
②「路線バスのイロハ-今日からはじめる弘南バスのチビタビ-」
 平成29年 9月 9日(土) 10:30~12:30
③「チビタビ報告会‐発見したお勧めポイントを紹介しあおう!」
 平成29年10月14日(土) 10:30~12:30
主 催 主催:弘前大学生涯学習教育研究センター・弘前市
協力:弘南バス株式会社
講 師 ①西川 正(特定非営利法人ハンズオン埼玉・代表理事)
②大野 悠貴(弘南バス株式会社・バスぷら博士)
ナビゲーター:深作 拓郎(弘前大学生涯学習教育研究センター・講師)
会 場 ヒロロ3階 駅前こどもの広場
(弘前市駅前町9-20)
対 象 これから育児に取り組みたいと考える男性、育児に取り組んでいる男性、男性の育児の支援に関わる関係者等
受講料 無料
定 員 20名(託児は15名まで)
内 容 今回のテーマは「たび」。徒歩や自転車、バスなどの公共交通、いつもと違う乗り物を使って、どきどきするような発見、パパと子どもが楽しい時間を過ごすコツをみつけませんか?
  チラシのダウンロードはこちら
問合せ 駅前こどもの広場(ヒロロ3階)TEL 0172-35-0156
締切日:8月28日(月)但し、定員になり次第締切ります。

七戸町生涯学習地域連携講座「歌って踊って健康づくり」

公開講座
日時 ①平成29年 9月29日(金)13:30~15:00
②未定
主 催 弘前大学生涯学習教育研究センター・七戸町教育委員会
講 師 ①北嶋 結(弘前大学保健学研究科 助教)
②未定
会 場 七戸町中央公民館 大ホール
(七戸町字森ノ上210番地)
対 象 一般町民、民生委員、保健師、保健協力員
受講料 無料
定 員 40名
内 容 町民、特に民生委員や保健協力員を対象に、容易に実戦可能な運動を学習する機会を提供し、その運動を日頃介護予防教室等に参加することが無い方への訪問の際に実践し普及することで、多くの町民の運動機会を広げ、健康で生きがいのある人生づくりを目的とします。
  第1回のチラシのダウンロードはこちら
問合せ 七戸町教育委員会生涯学習課
TEL:0176-62-9702 FAX:0176-62-6256

 

第2回地域おこし協力隊研修会

研修会
日 程 平成29年 8月31日(木)
第一部 講演・座談会 13:00~14:30
 発表者:林 篤志(Next Commons Labo 代表)
第二部 ワークショップ 14:30~17:30
◎終了後、交流会
主 催 (主催)弘前大学生涯学習教育研究センター
(後援)弘前大学地域社会研究科・青森県 
会 場 弘前大学創立50周年記念会館2階岩木ホールA・B
対 象 地域おこし協力隊・自治体職員・地域の方・弘前大学教員・学生
参加費 無料
※ 交流会(会費3,000円)
内 容  弘前大学では『「地域志向」大学改革宣言』を掲げ、多様な地域の課題解決に貢献させていただきたいと考えております。特に、青森県内でも導入が進む地域おこし協力隊事業については、「新たな価値」を生み地域にブレークスルーをもたらす存在として注目しているところです。
 そこで、以上のプログラムで,地域おこし協力隊のみなさんやその受入自治体職員、今後、受入を検討している自治体職員のみなさんを対象とした研修・研究会を開催いたします。
問合せ

参加する時間帯(部)と人数を添え、8月24日(木)までに下記までお申し込みください。申込先:(E-mail) of-hirai@nifty.com (TEL) 090-4415-3537(担当:平井)

 

三沢市公開講座「Powerful Voices and Learning for Students in 三沢」

公開講座
日時 「Powerful Voices and Learning for Students in 三沢
~映像をつくって自分たちの想いを伝えよう~」
①平成29年 8月 7日(月) 18:30~20:00
②平成29年 8月 8日(火) 18:30~20:00
③平成29年 8月18日(金) 18:30~20:00
主 催 弘前大学生涯学習教育研究センター・三沢市教育委員会
講 師 ①~③森本 洋介(弘前大学教育学部・講師)
会 場 三沢市国際交流教育センター
(三沢市園沢230番1号)
対 象 中・高校生
受講料 無料
定 員 30名
内 容 10代を中心とする青少年が、自己表現のツールとして映像制作を企画・計画し、さらに撮影体験を通して、豊かな感性を育て、映像で伝える手法を学ぶとともに、作品をフィードバックし、映像が伝える姿について理解を深め、青少年同士のつながりを形成する場とする。また、大学生など少し年上の先輩と身近に関わることで、将来への可能性を引き出し、将来に向けた行動と動機付けることを目的とする。
  チラシのダウンロードはこちら
問合せ 三沢市教育委員会生涯学習課
TEL:0176-53-5111(内369) FAX:0176-52-3963

「弘前市公民館関係職員研修会」

研修会
日 時 ①平成29年 7月25日(火)13:30~16:00
 事例発表1:「新和公民館における青年活動について」
 事例発表2:「小中学校との連携事業の紹介」
  ワークショップ:「公民館って何?―公民館の魅力を改めて考えてみよう―」
②平成29年12月13日(水)14:00~16:00
 テーマ:「学校と公民館の連携を進めるには―学校のことを聞いてみよう―」
③平成30年1月頃(開始日程未定)
 ワークショップ:「地域課題の見つけ方・活かし方―公民館職員にできること―」
主 催 弘前大学生涯学習教育研究センター・弘前市教育委員会
講 師 ■①事例発表:竹浪 敦(新和公民館 青年教育指導員)
  事例発表:佐藤 ゆき子(高杉公民館 社会教育指導員兼事務長)
  講師:松本 大(教育学部 准教授)
■②講師:齋藤 有(黒石市立中郷小学校 校長)
  講師:松本 大(教育学部 准教授)
■③講師:近藤 史(人文社会科学部 准教授)
会 場 ①高杉公民館(弘前市独狐字山辺72-1)
②弘前大学創立50周年記念会館岩木ホール(弘前市文京町1)
③弘前大学(会場未定)
対 象

公民館職員、生涯学習担当職員、社会教育委員

受講料 無料
定 員 30名
内 容 今日、健康問題や教育問題、地域活性化、住民の「絆づくり」など、様々な課題が生じています。こうした中で、市内地区公民館や全国の公民館の活動の実践例などをもとに、社会教育・生涯学習の担当職員として必要とされる専門的知識・技能の修得を目指します。
問合せ 弘前市教育委員会生涯学習課
TEL:0172-82-1641 FAX:0172-82-5899

 

子どもの育ちを考えるゼミナール 弘前

公開講座
日時 ①平成29年 7月12日(水) 18:30~20:30
②平成29年 8月 9日(水) 18:30~20:30
③平成29年 9月13日(水) 18:30~20:30
④平成29年10月11日(水) 18:30~20:30
⑤平成29年11月 8日(水) 18:30~20:30
⑥平成29年12月13日(水) 18:30~20:30
⑦平成30年 1月10日(水) 18:30~20:30
主 催 弘前大学生涯学習教育研究センター
講 師 ■深作 拓郎(弘前大学生涯学習教育研究センター 講師)
会 場 ①~⑦弘前大学生涯学習教育研究センター多目的室
(弘前市文京町1番地 人文社会科学部3階)
対 象 子どもに携わる職業(教員・保育者・児童厚生員等)
実践者(子ども会、NPO等)
子どもの育ち・学校外教育に関心のある方々
高校生・大学生の参加も大歓迎!
受講料 無料(テキスト代は別途徴収)
定 員 15名程度
内 容  一冊の本を手掛かりに、子どもの成育環境について自由に意見を交わすことで相互学習を深めていきましょう。
  チラシのダウンロードはこちら
問合せ 弘前大学生涯学習教育研究センター
TEL/FAX 0172-39-3146 
E-Mail:sgcenter@hirosaki-u.ac.jp 
締切日:7月5日(水)

むつ市生涯学習講演会「若者の力が地域づくりに活かされる時」

公開講座
日時 平成29年 7月 8日(土)13:30~15:15
主催・後援 (主催)弘前大学生涯学習教育研究センター・むつ市教育委員会
(後援)むつサテライトキャンパス
講 師 ■曽我 亨(弘前大学副理事・弘前大学生涯学習教育研究センター長)
会 場 むつ市立図書館 あすなろホール
(むつ市中央二丁目3-10)
対 象 高校生及び市民
受講料 無料
定 員 80名
内 容 例年、高校生の参加が多い本講演会で、若者が少ない地域において、地域づくりに求められる若者の力を探り、高校生を始めとする若者が地元に関わりたいと思えるようなきっかけづくりを目指します。
  チラシのダウンロードはこちら
問合せ むつ市教育委員会生涯学習課
TEL:0175-22-1111(内線3142)  FAX:0175-22-1488

 

「青森市社会教育関係職員スキルアップ研修会」

研修会
日 時 ①平成29年 6月29日(木)13:30~15:30
 「公民館って何?―職員の役割とは―」
②平成29年 7月21日(金)13:30~15:30
 「地域の宝を分かち合うには?」
③平成29年 9月28日(木)13:30~15:30
 「地域をもっと元気にするために―市民センター・公民館ができること―」
主 催 弘前大学生涯学習教育研究センター・青森市教育委員会
講 師 ①講師:松本 大(弘前大学教育学部 准教授)
 講師:野口 拓郎(弘前大学COC推進室 助教)
②講師:平井 太郎(弘前大学地域社会研究科 准教授)
③講師:松本 大(弘前大学教育学部 准教授)
 講師:野口 拓郎(弘前大学COC推進室 助教)
会 場 ①、②青森市中央市民センター(青森県青森市松原1丁目6-15)
  ③青森市沖館市民センター(青森県青森市沖館1丁目1-11)
対 象

市民センター・公民館等職員、生涯学習推進員、社会教育委員

受講料 無料
定 員 50名
内 容 市民センター・公民館における社会教育活動を充実するため、社会教育事業の実施に必要な基礎的かつ実践的な知識及び技術等について研修を行い、市民センター・公民館関係職員の資質の向上及び相互の連携を図ります。
問合せ 青森市教育委員会事務局社会教育課
TEL:017-761-4784 FAX:017-761-4582

 

むつ市生涯学習講演会「子どもの目線から考える子どもたちの居場所・放課後とは」

公開講座
日時 平成29年 6月24日(土)13:30~15:15
主催・後援 (主催)弘前大学生涯学習教育研究センター・むつ市教育委員会
(後援)むつサテライトキャンパス
講 師 ■深作 拓郎(弘前大学生涯学習教育研究センター 講師)
会 場 むつ市立図書館 あすなろホール
(むつ市中央二丁目3-10)
対 象 高校生及び放課後支援に関わる者、その他市内
受講料 無料
定 員 80名
内 容 学校生活外での子どもの支援についても注目し、子どもの居場所づくりについて学びます。また、放課後の見守り(放課後子ども教室、なかよし会等)に関わりたいというきっかけづくりを目指します。
  チラシのダウンロードはこちら
問合せ むつ市教育委員会生涯学習課
TEL:0175-22-1111(内線3142)  FAX:0175-22-1488

 

中泊町中央公民館「自分史を作ってみよう」

公開講座
日時

①平成29年 6月17日(土) 9:30~11:30
②平成29年 7月 8日(土) 9:30~11:30
③平成29年 8月 5日(土) 9:30~11:30
④平成29年 9月 2日(土) 9:30~11:30
⑤平成29年10月 7日(土) 9:30~11:30
⑥平成29年12月 2日(土) 9:30~11:30

主 催 弘前大学生涯学習教育研究センター・中泊町中央公民館
講 師 ■①~⑥松本 大(弘前大学教育学部 講師)
会 場 中泊町中央公民館
(中泊町大字中里字宝森1-2)
対 象 65歳~80歳までの男女
受講料 無料
定 員 10名
内 容 「自分史」を作成することで、家庭・職場や地域の中で、これまで自分が学んできた人生を振り返り、得られた体験を今後の地域づくりに生かすことについても理解を深めていきましょう。
  チラシのダウンロードはこちら
問合せ 中泊町中央公民館 係長 古川 優
TEL:0173-57-2341 FAX:0173-57-2343

 

中泊町子育て支援講演会「ママのためのリフレッシュ講座」

公開講座
日時 ①平成29年 6月 8日(木)10:00~11:30
②平成29年 6月15日(木)10:00~11:30
主 催 弘前大学生涯学習教育研究センター・中泊町教育委員会
講 師 ①、②とも 高間木 静香(弘前大学保健学研究科 助教)
     北島 麻衣子(弘前大学保健学研究科 助教)
     橋本 美亜(弘前大学保健学研究科 助手)
会 場 ①中里こども園
②こども園こどまり
対 象 中里・小泊地区で育児中の保護者を対象
受講料 無料
定 員 20名(中里)、15名(小泊)
内 容 子育てや病気の疑問を参加者で共有する。エッセンシャルオイルを使って「フレッシュナー」、「ハンドクリーム」を作り、家族・子ども・ママ友とのコミュニケーションを促します。
  チラシのダウンロードはこちら
チラシのダウンロードはこちら
問合せ 中泊町教育委員会社会教育課
TEL:0173-57-2111(1922)  FAX:0173-57-3849

 

第1回地域おこし協力隊研修会

研修会
日 程 平成29年 6月 2日(金)
第一部 講演・座談会 13:00~14:30
 演題: 「なぜ協力隊が2年間で店舗兼住宅を建てられたのか」
 発表者:清水輝之氏(元青森市協力隊、起業家)
 演題:「じぇんこの話」
 発表者:園山 和徳氏(元佐井村協力隊、起業家)
第二部 ワークショップ 14:30~17:30
◎終了後、交流会
主 催 (主催)弘前大学生涯学習教育研究センター
(後援)弘前大学地域社会研究科・青森県 
会 場 弘前大学創立50周年記念会館2階岩木ホールA・B
対 象 地域おこし協力隊・自治体職員・地域の方・弘前大学教員・学生
参加費 無料
※ 交流会(会費3,000円)
内 容  弘前大学では『「地域志向」大学改革宣言』を掲げ、多様な地域の課題解決に貢献させていただきたいと考えております。特に、青森県内でも導入が進む地域おこし協力隊事業については、「新たな価値」を生み地域にブレークスルーをもたらす存在として注目しているところです。
 そこで、以上のプログラムで,地域おこし協力隊のみなさんやその受入自治体職員、今後、受入を検討している自治体職員のみなさんを対象とした研修・研究会を開催いたします。
問合せ

参加する時間帯(部)と人数を添え、5月26日(金)までに下記までお申し込みください。申込先:(E-mail) of-hirai@nifty.com (TEL) 090-4415-3537(担当:平井)

 

「放課後の子どもの世界と地域のあり方を考える講演会」

研修会
日 時 平成29年5月15日(月) 18:00~19:30
主催・協賛 【主催】弘前大学生涯学習教育研究センター
    学生・教員研究会「らぶちる-Love for children」
【協賛】弘前大学教育学部(松本大研究室、宮崎研究室)
講師・テーマ 渡部 達也氏(NPO法人ゆめ・まち・ねっと代表)
渡部 美樹氏(NPO法人ゆめ・まち・ねっと)
たっちゃん・みっきー・おいちゃんとともに考えよう
「子ども目線で考える居場所のある地域づくり-心が折れるより骨が折れる方がマシだ!気遣い人になって子どもと地域に寄り添おう-」
会 場 弘前大学生涯学習教育研究センター多目的室
(弘前市文京町1 人文社会科学部3F)
※総合教育棟310講義室に変更になるかもしれません。
対 象 大学生・子どもの居場所や子ども支援に関心のある方
受講料 無料
定 員 30名
内 容 いじめや貧困など、子どもたちが抱えるにさまざまな課題が注目されるようになり、行政だけではなく、地域・市民レベルでも「こども食堂」や「学習支援」などの取り組みが盛んになっている。これらの活動には大人の関わりが必要不可欠であり、地域社会が子どもへの関心が高まることは非常に好ましいことではあるが、その反面、本来「子どもたちだけの世界」である放課後に、大人が介入することで、ジレンマも生じている。本講演会では、講師の実践から地域での子ども支援とそこに必要な大人のまなざしについて考える機会にする。
  チラシのダウンロードはこちら
問合せ 弘前大学生涯学習教育研究センター(深作研究室)
TEL:0172-39-3147、E-mail:takurou@hirosaki-u.ac.jp