2019年度実績

クリックすると詳細がご覧いただけます。

年度別一覧はこちら

2019年度実績の最新情報

7/8(月) 「第2回 青森市社会教育関係職員スキルアップ研修会」が開催されました

7月8日、前回に引き続き、青森市教育研修センターを会場に、公民館や市民センターの主事、生涯学習推進員などを対象とした「第2回 社会教育関係職員スキルアップ研修会」が開催されました。

本学大学院地域社会研究科の土井良浩准教授による「『地域づくり』と社会教育~市民センター・公民館にできる地域づくりを考えよう~」というテーマでの講義と演習が行われました。

1回目の講義で取り上げられた「公民館の本的な機能」をもとに、青森市の町会や市民活動団体への調査をベースに各地の事例なども用いながら、地域づくりの拠点として社会教育や公民館が果たせる役割について講話がありました。演習では、ワークシートを用いて「地域づくり」と今後との関わり、どう役割を果たしていくか、などの討議を繰り広げました。

7/4(木) 7/5(金)「中泊町放課後児童クラブ指導員スキルアップ研修会」が開催されました

令和元年7月4日(木)、7月5日(金)に「中泊町放課後児童クラブ指導員スキルアップ研修会」が開催されました。両日ともに児童健全育成推進財団参事の水野かおり氏が講師を務めてくださいました。

7月4日(木)小泊小学校内と中里小学校内の放課後児童センターの視察が行われ、7月5日(金)は水野氏による「こどもにとって適切な放課後児童クラブの運営と環境のあり方について」のテーマのもと研修会が行わました。

研修会では、水野氏が以前に児童館放課後児童クラブ担当として勤務していた時のDVD視聴や、前日の児童センター視察で撮影された写真を見ながら放課後児童クラブ指導員へのアドバイスなどがありました。

最後に各児童センター指導員から実践に即した質疑応答があり、研修会は盛況のうちに終了しました。

6/23(日) 「むつ市放課後子ども総合プラン指導員等スキルアップ研修会」が開催されました

令和元年6月23日,むつ市中央公民館で放課後子ども教室関係等職員を対象に
「むつ市放課後子ども総合プラン指導員等スキルアップ研修会」が開催されました。

京都市修徳児童館 木戸 玲子 館長による「子どもにとって心地よい放課後にしていくために」をテーマに、特別な支援を必要とする児童・家庭への関わりや保護者との連携について学びました。また子どもの立場に立って子どもにとって何が一番大切なのかを考え、それを実践することが最も大切であるということを共有しました。


6/17(月) 「第1回 青森市社会教育関係職員スキルアップ研修会」が開催されました

令和元年6月17日、青森市教育研修センターで生涯学習推進員や社会教育委員を対象に「第1回 社会教育関係職員スキルアップ研修会」が開催されました。「地域における公民館・市民センターの意味を改めて考えよう」というテーマのもと、弘前大学生涯学習教育研究センター・深作 拓郎氏、弘前大学教育学部・松本 大准教授による研修が行われました。

公民館とはどのような施設で,どのような意義があるのかについて解説し,市民の自主的な活動に対して公民館は何ができるか等を考えました。


6/10(月) 「第1回 弘前市公民館職員研修会」が開催されました

令和元年6月10日、弘前市中央公民館岩木館で「第1回 弘前市公民館職員研修会」が開催されました。 市内公民館職員や社会教育委員を対象に、「お互いの事業計画に学びあおう」というテーマのもと、 市内12の公民館に、各公民館での事業計画を発表してもらいました。「世代間交流」や「食育」「婚活」など、各公民館ごとにそれぞれの特色を持った事業計画発表がありました。

また、研修会の後半は弘前市公民館活動等活性化アドバイザーの野口拓郎氏による、実際の地域おこしの事例をもとにした講習会がありました。地域の特性を生かしながら地域の人を巻き込んでいく、という内容に「とても参考になった」との声をいただきました。