8/30(金) 「第2回 弘前市公民館関係職員研修会」が開催されました

更新日:2019-09-03(火)

 令和元年8月30日、弘前市総合学習センターで「第2回 弘前市公民館関係職員研修会」が開催されました。 市内公民館職員や社会教育委員を対象に、「『ぐだめき』から学ぶ学校との連携」というテーマで行われました。

 役職ごとに分かれたグループでじゃんけんゲームでアイスブレイキングした後、「4マス自己紹介」(名前・所属/好きなこと/どんな地域にしたいか/今の子どもたちが25歳になった時の姿は?)で自己紹介するとグループはさらに和やかな雰囲気に。その後、各グループで話合い発表してもらいました。
 
 また、研修会の後半では地域学校共同活動を実行している仙台市や名取市の取り組みを紹介。小学校に学校支援ボランティア(通称:お母さん先生)を教室に配置し、授業のサポートをすることで子どもたちの学力アップに繋がっている事例や、地域住民が河川を綺麗にしたことにより子どもたちのあそび場が増え、さらに水中生物の観察会などが行われた事例を紹介されました。

 参加者からは「学校と地域との連携の事例では弘前市でも可能な例があるので参考にしたい」や「4マス自己紹介が楽しかったので、子どもたちともやってみたい」との声が聞かれました。