12/15(日) 「パパラボあそび研究所vol,4 パパの体で遊んじゃえ!人力遊園地」が開催されました

更新日:2019-12-16(月)

12月15日、ヒロロ3階イベントスペースにて、育児中の父親とそのお子さまを対象に「パパの体で遊んじゃえ!人力遊園地」が開催されました。

 愛知県東郷町立兵庫児童館・館長の髙阪麻子先生をお招きし、「パパだからこそできる“遊び”のコツを楽しみながら学ぼう」をテーマに開催。お父さんと一緒に、お父さんだこらこそできる内容のイベントとなりました。
 
 最初は簡単なお父さんと子どものじゃんけんゲームから、お父さん同士でじゃんけんして負けた方が子どもを高い高いする「じゃんけん高い高い」を実施。お父さんが負けて高い高いをされるたび、子どもたちの笑い声が聞かれました。

 次に音楽に合わせて体を動かす遊びや、エアなわとび・全員で行うゴム跳びなどのゲームのあと、200足の靴下を用いた「ごちゃまぜソックス」という遊びを実施。
 たくさんの靴下をいっせいに投げたり集めたりした後、2チームに分かれて「靴下ペア探し」をやりました。たくさんの靴下の中からペアを見つけ、洗濯バサミに干していき、どちらのチームが多く干せるか争うゲーム。子どもたちは一生懸命ペアを探し、お父さん達も一緒に楽しみながら参加していました。

 その後、両面2色の紙をめくり、どちらのチームの色が多くめくれるかという「うらうらゲーム」を実施。最初は子どもたち同士の対決、次はお父さん達の対決となり、会場は大いに盛り上がりました。

 参加したお父さんからは「身近にあるものが工夫次第で遊べる道具になると気づいた」や、「ゲームをしているときより子どもが生き生きしている気がした」「親子で遊ぶのがもっと楽しくなりそうです」などの声をいただきました。