とても、とても小さな世界のお話

更新日:2021-03-23(火)
2021年1月24日(2021年1月31日 午後7時再放送)
増田 亮さん(弘前大学大学院理工学研究科 助教)
この番組の打ち合わせの時、中性子星に住む生物がもしいたらどんなだろう、というバカ話をしました。いえ、今日の話はそれくらいとんでもない話に思えたのですよ。わたしたちの知識では、モノの基本に原子や分子があることはわかりますが、原子のサイズで何かするなんてとても不思議で、話としてはおもしろいけど実際はどうなのよ?のレベルです。ところが実際に原子の層一枚ごとに測定することができたというんですから驚きです。