「南方熊楠が愛した、不思議な粘菌のお話」 ★音源公開中★

更新日:2010-01-31(日)
2010年1月31日(2月7日再放送)
福澤雅志先生(弘前大学農学生命科学部生物学科)
粘菌という生物は、動物のようで動物じゃない、植物のように見えてそうでもないというミョーなヤツですが、生物学者の興味を強く引く生物のようです。あの『風の谷のナウシカ』に登場したと聞いて、頭の中に「?」マークがたくさん飛び交いましたが、お話をうかがって納得しました。粘菌こそがあのナウシカ世界を暗示していたんですね。

1月31日放送りんご王国こうぎょくカレッジ音声データはこちらから