つがる市連続講演会「地域課題・生活課題に取り組む人材育成を図る」 第1回目を開催しました。

更新日:2015-12-28(月)

 平成27年10月3日(土)13:00~15:00に、つがる市連続講演会「地域課題・生活課題に取り組む人材育成を図る」は、つがる市生涯学習交流センター「松の館」において、「短命県を返上するためにできることから始めよう」を演題に、弘前大学医学研究科准教授の高橋一平氏を講師として行われ、10人が参加されました。
 参加者からは、「『孤独』が長生きを妨げるものということを納得しました」、「子供と会話、一家団欒の食事の大切さが分かりました」、「話す事の大切さを改めて気づかせてもらいました」などの声をいただきました。