七戸町生涯学習講座「『福祉のまち』づくりをめざして」 第2回目を開催しました。

更新日:2015-12-28(月)

 平成27年10月14日(水)13:30~15:30、七戸町中央公民館にて、七戸町講演会「『福祉のまち』づくりをめざして」が、弘前大学生涯学習教育研究センター准教授の藤田昇治先生を講師として、「学びと絆づくりで目指す『福祉のまち』」を演題に行われました。
 民生委員や福祉によるまちづくりに関心のある人を対象として開催し、45名が参加されました。
 この講座では、地域創生の課題や多様な生活課題の中で、「助けて」と言い出しにくい社会状況ではあるけれど、住民の「社会参加」の促進、他公民館の取り組みについて学んだり、弘前市市民参加型まちづくり1%システム事業のような補助金等を活用していく方法もあるのではないかと話されました。
 参加者の方からは、「公民館をもっと利用し、交流を広めていくことも大切」、「地域の人達とのコミュニケーション、及びボランティア活動に力を入れたいと思いました」、「老人漂流社会の現実を知るのみではなく、それにどう対応するかの実例もあり、参考になりました」などの声をいただきました。