「第2回弘前市公民館関係職員研修会」を実施しました。

更新日:2015-12-28(月)

 平成27年10月9日(金)14:00~16:00、弘前市立清水公民館において、「第2回弘前市公民館関係職員研修会」が行われ、32名の方が参加されました。
 前半は、清水公民館の事務長兼社会教育指導員の千葉千鶴子さんの「第2回小沢地区手づくり屋台村」の事例発表から始まり、地区の事業と公民館との関わりが屋台村事業を通して説明されました。
 その後、本センター准教授の藤田昇治先生のワークショップ「住民参加・参画型事業の在り方を考える」では、「公民館まつり」等の事業を企画実施することは、公民館として重要なことであるが、どのようなことに注意をはらうべきかを考えてみたいとして、事例発表から、工夫点、成果として確認すべき点、課題や今後の方向性として考えられる点等を模造紙にまとめて、発表が行われました。そして、藤田先生は、各事業ごとに、目的や目標を明確にして、事後の振り返りが大切であると話されました。
 参加者の方からは、「自分が気づかない視点からの話題が多くて良かった」、「大きな事業の事例を聞けて良かった。弘前市市民参加型まちづくり1%システム事業の補助金を使用した事業の内容が、どのようなものか実際に聞けて良かった」、「今回、公民館主催ではないので、疑問点を解決するまでに至らなかったのが残念」等の活発な意見交換が行われていました。