第6回 「子どもの育ちを考えるゼミナール」を実施しました。

更新日:2016-01-08(金)

 平成27年12月10日(木)18:00~20:00、弘前大学総合教育棟306講義室にて、第6回 「子どもの育ちを考えるゼミナール」(全6回)を実施しました。静岡県富士市のNPO法人ゆめ・まちねっとを運営している渡部達也氏と渡部美樹氏を講師に招き、前半は、渡部氏のご自宅を地域の子どもたちへ開放している活動等について講演をしていただき、後半は、生涯学習教育研究センター講師の深作拓郎氏と参加者を交えて、質疑応答が行われました。
 今回は、ゼミナール受講者の10名と弘前大学学生5名が参加し、渡部氏が10年程前から子ども・若者に地域の居場所を提供する市民活動者になった経緯について、伺いました。
 全6回のゼミナールを通し、「地域」と「遊び」をキーワードに、子どもの成育環境について自由な意見を交えて相互学習を深めた参加者からは、「子供に寄り添うことが大切だと思いました」、「胸が熱くなりました。自分の子育てを振り返り、聞き続けてあげる親でありたいなとあらためて思いました」、「子どもから学べる親になろうと思いました」等の声が寄せられました。